捨てたもの

先日、粗大ゴミの日があり、おもいきって簡易ソファベッドを捨てました。
断捨離をしだして、一番ネックになっているのが、ものの処分の仕方。
私の場合、罪の意識よりも、もったいないという意識が強く、それならば全てを寄付すれば良いのだけれど、それもものによっては、もったいなくて出来ない,,,(汗)

それでも、町の至る所にある、チャリティーボックスに何十個も寄付はしている。
思えば、ロンドンに住んでいた時も、町の所々に設置されている、チャリティボックスは重宝しました。
日本では、状態のいいものは某外人駐在クラブで二束三文で引き取ってもらったり、洋服などは友達が海外に寄付していたので、私もやっていました。この場合寄付したものプラス多少の経費(数千円だったとおもう)も払います。
引っ越しのときには、チケットを購入して、処分もしました。

思えば国によって、選択肢がちがうなぁ。

日本は、ゴミを捨てるのにもお金がかかるという印象(特に家具とか大物)もあるけれど、実は小物であれば、選択肢が他の国よりも沢山ある気がする。私が以前すんでいた、世田谷の町には、生活雑貨も含めて委託で引き取ってくれるお店が何軒かありました。
でも私の母に言わせると、田舎(実家)ではそんな事をしてくれるお店は皆無という話も、、、、なので大都市にかぎるのかなぁ?いらない贈答品を処分したりするのにずいぶん利用しました。逆に、他の人に取ってはいらない新品の生活雑貨が安く手に入り、良く購入もしていました。懐かしいなぁ(遠い目)

そして、最近見つけたのですが、DVDとかAmazonが買い取ってくれるらしい。(ただし日本国内のみ)
ある日本の俳優さんにはまり、かなりの量のDVDを所有している私。その俳優さんへの熱は醒め(汗)
ちょっと途方に暮れていた私ですが(おおげさ)、このAmazonでかいとってもらうことにします。
問題は、日本に送らないといけない(爆)豪はどういう訳か日本への郵便を、昔あった船便やSAL便をなくし、航空便のみにしてしまいました(泣)

話は戻して、粗大ゴミの日に捨てたもの、、、
その中に子供たちがつくった、かさ張る工作のものも捨てました。
捨てる前に、一応写真も撮って、、、


b0124458_10191160.jpg


b0124458_1045297.jpg



b0124458_1049392.jpg




いったい何がテーマだったんだろうと思わないでもないが、、、
これは私の備忘録として、、、

絵とかはとっておきやすいんですけどね、、、(額装してギャラリーに飾ってある)
家には、息子が魔除けとしてつくってくれた置物が残っています。これは彼が珍しく、折角つくったのに、、、とクレームして来たもので、私の為に、悪魔除けとしてつくったらしいので、ありがたく展示してあります。


最後まで読んで下さった方、ありがとうございます。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
にほんブログ村
[PR]
by venus28 | 2015-08-21 10:56 | その他 | Comments(0)
<< 好きなもの その後 >>