カテゴリ:未分類( 147 )

4大陸フィギュア

旅行記もAOIの自分の忘備録も書けていないのに、いきなり4大陸フィギュアについて書きたくなった。

高橋大輔サンが大好きで、彼がつとめるナビのお仕事を追っていたのですが、ある番組で特別にピヨンチャンの試合前のリンクのレポートをした番組をみました。
高橋サンがリンクの氷を確かめる為に、すーっとすべりだしただけだったのに、綺麗なスケーティングで魂を持っていかれました。
ただ滑っているだけで綺麗ってどういう事だと言葉ではいいあらわせられない(私のボキャブラリーでは説明できない)。
ジャンプも何もしなくてもいい、ただ滑っていて!といいたくなる、そしてずっとずっと観ていたくなる滑りでした。
凄いです。別格だなぁ。もう引退されたとはいえ、プロの世界で滑ってくれて、其のショーで観れた事は本当に幸せな事だとそのときしみじみ感じました。

競技をみて、高橋サンと同じように思った選手はパトリック・チャン選手。ジャンプがうまくいかなくて、上位3位には入れなかったけれど、彼の滑りも凄く綺麗だなぁと今回の滑りで思いました(実は私は彼の上半身の使い方が苦手なんですが、、、)。
4回転ジャンプと同じくらい芸術性や表現力も同等の評価をしてほしいと思っている私は、いっそ円熟派と若手派で競技をわけてほしいとおもっちゃう。
ジェイソン選手の滑りもジャンプがはいっていなくても、完成された深みのあるプログラムでした。
人それぞれでしょうが、私は身体芸術というべき、芸術性・表現力が優れた滑りのがすき。
もっといえば、たとえ4分でもすぐに飽きてしまうわたしが、飽きずに観られる滑り、、、でもそれは、いまのところ高橋大輔サンだけですが、、、。

若手のなかではしょーまくんが好きです。彼のプログラムはジャンプと他がなじむから。
4回転を今はバンバンとんじゃう選手が出て来て、身体能力的に凄いと思っているけれど、4回転をとぶという事は助走が必要で、回数をとぶという事はそれだけ、助走つなぎの時間がプログラムのなかで増えるという事。したがって、ただ滑ってる感が露骨にでたり、プログラムの比重も表現という見せ場の時間が短くなるということ。体力との戦いもあるしね。(そういう意味で高橋さんは別格だったな。あれ?今ジャンプとんだっけ?っていうくらいなじむ。助走も短いし更に凄いのがスピードもある、、、というわけで、彼がホールパッケージの人と言われていたのは、凄く同意)
そんななか、ネイソン・チェン選手はちょっと前から、4回転ジャンプだけではない選手として気になっていました。滑りも身のこなしも綺麗、、、と素人ながらの目ですが、、、
この大会でフリーのだけを観てみましたが、フットワークも上手いかも?なんて最初のディープエッジとかみていて再度感じました。
身のこなしも軽やかで綺麗。さすがに4回転を5回とび(それも凄い事だが)プログラムの印象がやはり、ジャンプが占めてしまうというのが今後の課題かな?ってか4回転5回とんで、更に演技をなじませるって、どんだけ凄い事要求してるんだ?と自分で思う。

とにもかくにも、プログラムがとぎれるなら、ジャンプはすくなくてもいい、もしくはなくてもいいから、魂をふるわせるような演技が自分はみたい人なんだなぁと再確認しました。

b0124458_23211766.jpg
b0124458_23190919.jpg
写真は本文とは関係ないパリ




[PR]
by venus28 | 2017-02-20 23:26 | Comments(0)

21st Birthday

先日、仲良しママの娘さんの21歳の誕生パーティがありました。
自宅で、オールホワイトがテーマと聞いて、手伝わせて!と名乗り出て、パーティのデコレーションやフードなど仕切らせてもらいました。

b0124458_1117135.jpg



本当は長いドライブウェイでやるつもりが、生憎の雨で、屋根付きのお庭に急遽変更。


b0124458_1135888.jpg



テーブルクロスからお皿(スクエアのみ),白い物は殆ど私の私物。トレイやデコレーションも殆ど私の物。アイビーもミントも私のお庭から調達。必要最低限のものを、パーティイベントのレンタルショップから借りただけ。
食事はサンドイッチやバゲットなど作りました。友達は数日前からケーキを作ったりして準備。それより、長女さんのお友達が作って来たスィート類がプロ並でそれがとってもテーブルに映えて素敵でした。



b0124458_11485541.jpg


お友達にイベントなどの企画レンタルビジネスを興したら良いと勧められましたが、やはりビジネスとなるとプレッシャーがつきまとう。こうやってただお手伝いする方が気楽でハッピーです。
それに素人でもDonna Hayを参考にしてできます。簡単でスタイリッシュなレシピも満載だし。

こうやって只のバゲットサンドイッチをアレンジするだけでカフェみたい。


b0124458_11564175.jpg


この写真は作って、とりあえずトレイにのせただけで、パーティ直前には木のトレイの上にサーブします。

b0124458_1159397.jpg


雨が降ったので、紙素材の飾り付けは一切せずにドライブウェイはバルーンを、、、、、
本当ならここでテーブルをセッティングして木のしたに飾り付け、バルーンもお庭にセッティングした物も含めて、20個くらい並べるつもりでした。
バックアッププランがあって、当日雨でも慌てずにすみましたが、ドライブウェイで出来なかったのは残念でした。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
にほんブログ村
[PR]
by venus28 | 2013-10-01 12:06 | Comments(0)

spring cleaning

今日はポカポカお天気で暖かい。こう言う日は気分があがります。
加えて、私立の学校は4連休という訳で、子供たちがだらだらと過ごしています。


b0124458_1502166.jpg



画像はマーチソンヒュームからお借りしてきました。
暖かいから、なんだかやる気がでて、少々お庭掃除や洗濯にいそしみ、まだ未完成の裏庭でコーヒー飲みながらひなたぼっこ、、、、、
幸せだわぁ037.gif
天気予報で調べたら暖かいのは明日までで、また雨が続くとでてる002.gif
spring cleaningと励もうと思っていたのに、、、、

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
にほんブログ村
[PR]
by venus28 | 2013-08-23 15:07 | Comments(0)

原発震災に追い込まれ続ける主婦の訴え


木下さんというジャーナリストのブログ毎日読んでいますが、今日の記事は衝撃的でした.

原発震災に追い込まれ続ける主婦の訴え、茨城県常陸太田市より。という記事。

この方が書いている近くのエリアに白血病の子供がいるという部分ですが、私の先日のリストの中の荻野晃也氏のレジュメの11ページに、当時東海村の臨界事故で駆けつけた荻野氏が東海村の村長に”放射能が漂っている時に子供をかえすとは何事だ!”と怒鳴りつけた記述を思い出し、胸が締め付けられる思いです.

多くの人は情報が全く得られないか、操作された情報しか入らない環境なのか、今の日本の、東北の置かれた状況を把握出来てない人が沢山いられるようで、こういった気骨のある木下さんのような方が、福島に行って説明したいと言っていらっしゃる。
私に今出来る事はこういった事を拡散する事。
同意していただける人は沢山の人に知らせてあげて下さい.



ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking

[PR]
by venus28 | 2011-05-19 09:58 | Comments(2)

震災、放射能に関するリンク

日本の中で、マスメディア発信情報しかご覧でない方々の間に、情報格差と判断の違いが生まれています.東京をはじめとする西日本の中で、まだまだ他人事のように思っている方が多いのに、私は毎回がっかりし、何度か情報を届ける事が出来ないかと思っていました.
海外に住んでいる私が出来る事の一つに情報集めがあると、震災当時から色んな情報や資料を読んで来ました.そしてすぐにとっても恐ろしい事が起こっている事がわかり、このブログにも怖いとつぶやいたことも。家族に言っても、いつから反原発者になったの?と言われる始末.
最近はキィーキィー言う事に疲れつつあります.

ここで言っておきたい。他人が助けてくれる事を待ってはだめ。誰も助けてくれないし、責任持ってくれない.情報を集めて、自分で考えて判断して下さい.

そこで、微力ですが私が集めた情報のリンク集をこのページに作る事にします.
どうか判断する役に立てて下さい.尚、徐々に整理して行きますので、内容が毎回アップしていきます。

私が尊敬する小出裕章氏
の非公式サイトです。コメントの中にも有効な情報があります。

先日見て泣けて来た動画です。広島で被爆者を見て来た医者のこの方の言葉はとっても重いです.福島の女性の方のスピーチも是非聴いて下さい.

上の動画の中でドクターが言っているアメリカの情報操作で興味深い記事をみつけました。
こちらです。


ジャーナリストの
方のブログです.個人で色んな情報を集めて、ご自分の考えを公開していらっしゃいます.私も全く同じ見解を持っていますが、同じ事をせよと言っているのではなく、参考にして、自分の考えを構築するのに役立てて下さい.

ちゃんとした裏付けに
もとづいたおすすめのサイトです.特に最近の田中優さんの若者はこの夏被災地にいかない方がいいは必見です.他翻訳、書きお越しと私が色々集めた情報がここに一つにまとめてアップされていることが多いので大変参考になります。

原発がなくても電力はたりる。NGOグリンピースの資料


1997年にお亡くなりになった技術者平井憲夫さんの訴えです。

神戸大学名誉教授地震学者石橋克彦氏。この方が前々から警告していた原発震災が今の福島の状態です.リンクされている資料をお読み下さい.

コレをみてまだ人ごとに思える人はいるのか?

元慶応大学の助教授藤田祐幸氏

小出さんがいらっしゃる原子力安全研究グループです。サイト内にはチェルノブイリやスリーマイルの検査報告データ等あります。

原子力資料情報室

内部被爆について

子供の20ミリシーベルトについての見解
日本語訳は私の前でのブログを参考にしてください。


支援情報サイトです。避難や被災者受け入れ情報等満載。右側のリンク集は殆ど私もチェック済みのサイトと同じです.

広瀬隆さんもずっと原発の危険性を唱えていた方。動画でもよくおみかけするので検索してみて下さい.作家さんですがもともとは技術者だった方でものすごく博識です.

チェルノブイリ100万人の犠牲者

チェルノブイリ事故処理班生存者が語る

原発労働者コレも同じ記事ですが

元技術者菊池洋一氏

元京都大学工学部講師、萩野晃也の福島原発事故のレジュメ。小出先生とつながります。


科学者でもある飯田哲也氏動画はコレ。大前健一さんと同じでいろんなアイディアを出されています.

原子力利用に批判的な学者は嫌がらせを受けたりするそうですが、安斉育郎氏も東大で20年間幽閉されたりアカデミックハラスメントなどを受けて来たようです。自分の身の危険を感じても尚警告して下さる姿勢に尊敬。

上記の安斉氏の外部、内部被爆を最小限に抑える方法。長いのですが参考になります。

原子力の父とよばれる正力氏の正体?興味深いほんです。

原子力の推進側のプロパガンダであるクリーンエネルギー。CO2の地球温暖化説は京大の小出氏も反論していますが広瀬隆氏も本にかかれています。

5年前から指摘されていた福島の津波の指摘

ソフトバンク孫氏のエネルギー政策の転換案

現代ビジネスの記事。この被爆が一年続いても安全と言えるのか

NEDOの再生可能エネルギー技術白書

南ドイツ新聞の記事

先日の15日の夜に放映されたNHKのETV特集「ネットワ―クで作る放射能汚染地図」
海外では有料テレビのNHKは見れないのオンデマンドを活用しようと思っていたけど早くもYOUTUBEでアップされていました.削除される可能性があるので早く見たい人はみてください。7までありますのであとは検索するとでてくるはずです.

原発や震災の情報集があります。私の整理がなかなか追いつかない物ですから、こちらもご利用下さい.

ドイツの放射能拡散シュミレーション。日本時間はプラス9時間

ツイッターに放射線量と海洋汚染の測定と予測のまとめがありました。政府のモニタリングポストは測定位置が高くてあてになりません。

これブログでしょうか?日本国憲法第13条の国民の権利において内部被爆を測定する義務を国が怠っている事を指摘されてます.わかりやすい内部被爆の図解が示されてあり、必読!他の記事ではシーベルトとベクレルの計算方法もついていて私もあとでじっくり読みます.

ヨウソ、セシウム等の除去対策中間報告書という物がツイッターに流れてました.実験には汚染された雨水が使われた様です.実はずっと前にアメリカの浄水機でセルドンテクノロジーという物をみつけたのですが、今日日本支店に電話をしてもつながらなく、コレが信用出来る会社かどうかこちらで確認出来ず.実際何人かの友達に話してしまったので、あわてて事実確認がとれていない不確かな情報である事を連絡しました.売りっぱなしという評判もあるしわかりませんがヤフーの知恵袋こんなのもみつけました。時間をみつけて私も調べて行きますが、ご自分で調べてご判断下さい.

被爆から子供を守るため。参考にして下さい.込み合っているのかアクセス出来ない事もありますが、通じた時点でプリントする事をお勧めします.

学校給食に関する資料です.子供の給食の産地表示をお願いする時に有効な資料です.


絶対みてほしい動画をアップします.チェルノブイリの架け橋の代表野呂さんの話.実体験に基ずく話で大変生々しいですが、とっても共感出来ます.とるべく対策もお話しされています.必見!

前出の平井憲夫さんの講演されてる動画をツイッターでみつけました。一部では実在しない人物という噂があったらしいのですが、上の資料から信頼出来るデータと私は確信持っていたので噂は信じていませんでした.今私のpcの容量が超えて(制限がある)動画を見れないのですが来月になったら即私もみます。


あとでお金がかからない対策方法もアップします.
遅くなりました.お米のとぎ汁で内部被爆による放射能物質を排除する方法として他の方のブログ等に載ってました.
そのまま転写します.

米の一番とぎ汁をペットボトルに詰めて,室内常温で1週間寝かせると
乳酸菌など発酵菌が増えて,酸っぱい水になる.
もし,臭かったら失敗.酸っぱいは成功.
この酸っぱい水を噴霧器で霧にして肺に吸い込む.
翌日,肺臓から放射性物質が痰=タンとなって出てくる.やってみな.

とのことです。自然で安全なものですし安心ですよね.

給食問題大変ですよね.私だったらどうするかなと考えます.ここにあげているリンクは私だったらどうするだろうと考える時に参考になるようなものをリンクしてます.

さて電話で各社の牛乳産地と放射能検査の実情を調べた方がいらっしゃいました。
アップし下さり有り難いです.これです。




以降少しずつアップしていきます。

To be continued
[PR]
by venus28 | 2011-05-16 11:42 | Comments(7)

複雑な思い

先日のオサマの殺害ニュースやそれに嬉々としているアメリカ国民の映像が流れているというのをきいて、恐怖を感じています.
これでテロ問題が解決するのか?戦争はおわるのか?と疑問視されている方もいます。私もそう思います.オバマの言う正義とはなんなんだろうか?と考えながら、恐怖におののき、数日を過ごしていました。いったい世界はどこにむかっているのでしょうか?

さて、ここ最近の私の心配事は子供の年20ミリシーベルトの問題.
一部の親御さんたちが文科省や厚生省に説明を求めている動画もみました。
私自身も20ミリシーベルトの撤回に署名しました.
ここまでは子供を持つ親として大部分の人が異議を唱える事でしょう。でも哀しい事にここから先の、親が行動出来るか出来ないかで子供の被爆量がはげしく変わる現実に対処出来ていない事実にもどかしさを感じ、国として責任ある説明ができていない役人の対応に怒りさえ覚えます.

経済的な事情で非難出来ない人もいるでしょう。私だったら、非難出来なくても子供を線量の高い学校に送らない.教育は大切だけど、命あってのことだから、数ヶ月や一年学校に行かせられなくても
大丈夫だと思っている.そのうえで国に20ミリシーベルトの撤回や除染や学童疎開の対策を同時に要求する。子供にとってどろんこになったり、運動したり、走り回ったりする事が身体的にも精神的にもとっても重要な事と思うからだ。

だれかに指図されたりするのを待つのではなくて、勇気をだして決断して欲しいと思います.
オーストラリアの専門家も警告をだしています。
なんと英語版は削除されてました.和訳のがあったので貼付けます.

福島の子供を守れ 
日本の放射線基準に失望

豪メルボルン大准教授 ティルマン・ラフ 

 文部科学省が福島県の子供の許容放射線量を(結果的に従来より)引き上げた
ことを知り、失望した。設定した基準値は毎時3・8マイクロシーベルトで、
(単純計算すると)年間33ミリシーベルト以上に相当する。これは、幼稚園や
保育園、小中学校に通う子供に適用される。どういうことか、考察してみたい。

 広く認められた科学的知見によれば、健康への放射線のリスクは線量に比例す
る。線量が大きくなるほどリスクが増える。リスクが皆無という水準はない。

 国際放射線防護委員会(ICRP)の勧告では、あらゆる被ばくは達成可能な
限り低減すべきであり、公衆の線量限度は自然放射線と医療行為による放射線を
別として、年間1ミリシーベルトだ。原子力産業の作業員の最大許容量は5年間
の平均が年間20ミリシーベルトで、50ミリシーベルトを超える年があっては
ならない。

 日本では作業員の最大許容量は(緊急時のため)100ミリシーベルトで国際
的水準より高かったが、福島第1原発事故の事態深刻化で250ミリシーベルト
に引き上げられた。

 米科学アカデミーの報告書は、1ミリシーベルトの被ばくで、1万人に1人が
白血病以外のがんに、また10万人に1人が白血病になるリスクが増え、1万7
500人に1人ががんで死亡するリスク増があると推定している。

 だが重要なのは、誰もが同じ水準のリスクにさらされるわけではないというこ
とだ。1歳以下の幼児は大人に比べ、がんのリスクが3~4倍高くなる。女児は
男児よりも2倍影響を受けやすい。被ばくで女性ががんになるリスクは全体とし
て、男性より40%大きい。

 放射線に対する感受性が最も強いのは子宮内の胎児だ。英オックスフォード大
の先駆的な小児がん調査の結果、母体のエックス線検査で胎児が10~20ミリ
シーベルトの被ばくをした場合、15歳以下の子供のがん発症率が40%増加す
ることが分かった。

 ドイツでは、25年間の全国の小児がん登録データによる最近の研究で、原子
力発電所が通常に運転されていても、原発の5キロ圏内に住む5歳以下の子供の
白血病リスクは2倍以上となることが示された。リスク増は50キロ以上離れた
場所に及んでいた。予想よりはるかに高いリスクだ。胎児、幼児が特に放射線に
弱いことが際立つ。

 外部被ばくを監視する典型的な線量計で測定できる放射線に加え、福島の子供
たちは、呼吸で肺に入った粒子や、汚染された食品や水を口にすれば内部被ばく
もする。多くの放射性物質が食物連鎖で濃縮され、人間に摂取される。

 親として、また医師として、福島の子供たちに、このような有害なレベルの放
射線被ばくをさせることを許す決定は、われわれの子供と将来の世代を守る責任
の放棄であり、受け入れられない。

   ×   ×

TILMAN RUFF 55年オーストラリア・アデレード生まれ。モナッシュ
大で医学を学ぶ。メルボルン大ノッサル世界保健研究所准教授。非政府組織(N
GO)「核兵器廃絶国際運動」の議長。
[PR]
by venus28 | 2011-05-06 13:23 | Comments(5)

インテリア2

今住んでいるおうち、前に住んでいたオーナーさんがあまりお金をかけて手を加えていないので、色んな所が時代遅れのデザイン.
いっそのこと、全部潰して家を建て直すのがいいのですが、オーストラリアでは新築の家を建てるのは時間もコストもかかります.
じゃあ、改装は?となるとこれもピンキリです.
でも時間やお財布具合を考えたら、改装のがいろいろやりがいはあります。

そんなわけで、最近は家の全体を眺められるところで、ぼーっと立って、しばし改装案を練ることも。

てっとりばやく言うと、飽きて来たのです(笑)

インテリアである程度雰囲気変えられると頑張ってみましたが、これも少々飽きて来て、今はリビングに飾っている写真をチェンジしようと、今日はプリンターと悪戦苦闘。

やっぱりねぇ、箱が良くないと映えない(苦笑)

b0124458_0383191.jpg



ざっと好きなインテリア写真あげてみます.


b0124458_0395912.jpg



玄関は無駄に広いのがすき。ここがせまかったりすると台無し。やはり第一印象はここで決まるから....

b0124458_0413711.jpg


インフィニティプールはやっぱり私のドリームプール。無理だけど...

今のおうちのプールは池ですか?ってくらい小さい(とほほ)なので、改装するなら後ろの庭に移動する。

b0124458_0452971.jpg


リビングとエンターテイメントのエリアはオープンスペースである事は絶対条件。窓も可動式か何かで開けられるデザインを.....

思い描くのはコストがかからないし、癒される.....

本当は3Dソフトを使ってデザインするといいよと建築家の友達に聞いたんだけど、私みたいな機械音痴は頭の中で思い描く方が早いのです.

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking
[PR]
by venus28 | 2011-04-24 00:55 | Comments(2)

Donna Hay

有料テレビでDonna Hayの番組がはじまりました.


b0124458_23305956.jpg



番組内に出てくるDonnaの海沿いの自宅が素敵!

シンプルでクイックなレシピは大活躍。今日の夕食も彼女のレシピでした。

彼女も白フェチで番組を見る度に白いものがやっぱりいいわ!と確認する次第です.



ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking
[PR]
by venus28 | 2011-04-21 23:35 | Comments(0)

脱原発宣言

城南信用金庫の脱原発宣言で勇気をもらった。

こんな事態になっても、朝日の世論調査で原発停止、脱原発賛成者は過半数にもみたないというニュースで少々へこみ気味だった.

ほかにこんな面白い記事をみつけたので、活用しても良いと書いてあるので載せさせてもらいます。


ダグラス・ラミスさんがもう10年以上前にスチューデント・タイムズのコラムに書いた文章「原子力に替わるもの」、。全部訳したので、送ります。ご本人に了承を得てありますので、活用してください。辻信一

■原子力に替わるもの

数ヶ月前、このコラムで私は、大地震が起こるような場所に原発を建てるなんて気ちがいじみていると書いた。これに対して何通か、読者からのコメントをいただいた。ひとりはこう私に訊ねてきた。「原発に替わる代替案は何か」、と。この人は、代替案なしの反原発論は説得的でない、と言うのだ。

 まず私はこの読者がよい質問をしてくれたことにお礼を言っておきたい。ところで、実は私はこの質問に対する答えをもち合わせている。とはいえ、それがあまりにも単純な答えなので、ここに書くのもためらわれるくらいなのだが。

 原発の代替案とは何か、それは原発をもたないことである。
 椅子に座っている人を想像してみてほしい。それは快適で、豪華な椅子だ。ただ一つだけ困ったことに、その椅子の下にはダイナマイトの箱があって、点火された導火線につながっている。誰かが言う、「そこにそうやって座っているのはよくないと思うんだけど・・・」
座っている人がそれにこう答える。「じゃあ、代替案は?」。
 そう、椅子に座ることの代替案はもちろん、椅子に座らないこと。

 とはいえ、もちろん、私に質問した読者が訊きたかったのは、そういうことではないはずだ。その人が知りたかったのは、代替エネルギーのことなのだ。あの椅子に座っている人のたとえで言えば、「この椅子くらい快適な椅子を出してくれるまでは動かないよ」というわけだ。

 告白すると、私はそんな“椅子”があるかどうか、知らないのである。石炭、石油、水力ダム、天然ガスなどのほかにも、メタンガス、太陽、地熱、風などのエネルギーを使う方法が知られている。これらの“椅子”が、今私たちが座っているものほど快適かどうか、私は知らない。しかし、大事なのは、実はそんなことではない。

 原発一基がつくる電力と自動販売機が使う電力はほぼ同じだ、と聞いたことがある。詳しいことはわからないが、まあ、そんなところだろうとは思う。原発がなかったら、たぶん、自動ドアもあきらめなければならないだろう。ネオンサインもたくさん消さなければ。アルミ缶の代わりにリサイクルできるビンに戻す必要があるかも。今までは機械がやってくれたことも、また手でやらなければならなくなるかもしれない。それは新石器時代以降、人類がつい最近までずっとやってきたことなのだが。

 それはぼくたちにはとても耐えられないことだろうか? ぼくにはそうは思えない。
 要するに、「核エネルギーに反対するには、まず代替案を示すべきだ」という意見は、「核エネルギーの“必要性”を前提にしている。でも、ちょっと待ってほしい。もし本当に“必要”なら、どうやって人間はそれなしに長く生きてこられたのだろう?

 実は、もっとエネルギーが“必要”だというのは、もっと贅沢が“必要”だ、ということなのである。誤解してほしくないのだが、ぼくだって贅沢は大好きだ。ただ、原発事故で死ぬよりは、自販機なしに生きている方がいい、と思うだけだ。

 以前もこのコラムに書いたように、本当の問いは、原発を廃止するか、存続するか、ではない。いずれ必ず、廃止するしかないのだから。問題は、最悪の事態が起こる前に止めるか、後に止めるか、だ。
 原子力の代替案とは、そういうことなのである。

(『ダグラス・ラミスの英語読本』(筑摩書房、2000年)所収、
「Nuclear Alternatives」、訳者・辻信一)
[PR]
by venus28 | 2011-04-18 14:46 | Comments(0)

本物の科学者2

 4月13日付の中日新聞に「小出裕章・京大助教に聞く」と題する特集が掲載されていたらしい。
やるじゃん、中日新聞。以下、転記(一部略)
 
***

 「(福島第一原発の事故で)予測される最悪の状態は、炉心全体や大半が溶け落ちるメルトダウンだ。今も溶融しているのは確実だが、一部にとどまってくれている」……
 メルトダウンを防ぐには、発熱している炉心の冷却が何より大切だ。東電や国は大量の水を投入し続けてきた。
 「綱渡りだが、冷却効果はあり、大規模なメルトダウンの可能性は五分五分よりは低くなった。ただ百度以下にはなっておらず、冷却は不十分。できなくなれば、炉心溶融が進む。……
 「福島では原子炉が壊れずに、メルトダウンが進む可能性がある。そうなると、高温の溶融物と下部の水が反応すれば水蒸気爆発が起き、桁違いの放射性物質が飛び出す。これが一番怖い」……
 「水蒸気爆発が起こって炉心にある放射性物質の大部分が、ガスや微粒子になって空中に飛び散れば、汚染はチェルノブイリと同レベルだ」
 チェルノブイリでは三ヵ月後、二百~三百キロ離れた場所に猛烈な汚染地帯が見つかった。福島から同じ距離を想定すると、東京も入る。「もし、これが起きてしまえば手の打ちようがない」……
 「被ばくはどんな微量でも危険。海に汚染水を捨てて、拡散するから安心、安全だという国や専門家の見方は許せない。薄めることで危険性は減るが、逆に広まる。安心というなら帰省せず、風評被害を防ぐために確かなデータを出すべきだ」
 汚染を調べるには、セシウムやヨウ素を大量に取り込む海藻を調べることが最も大切で、その後、貝、魚と影響が出るという。「私なら真っ先に海藻を調べる。すでにデータはあるのでは」
 ……国は〔放射性物質の〕人体への影響について「ただちに影響が出る量ではない」としてきた。しかし、小出助教は「急性放射性障害には至らないと言うべきだ」と憤る。微量の放射性物質であっても、被ばくの総量によって晩発性の障害、すなわち、がんは発症するからだ。
 ……
 大気中の汚染については、同僚の今中哲二助教らが、先月末に三十キロ圏外の福島県飯館村で現地調査した。原子力安全委員会が避難の指標とする五十ミリシーベルトを一ヵ月で超える地域があり、原発から同心円状の三十キロ圏内の避難設定が不十分ではないことが分かった。
 「研究者が手弁当で放射線量を調べてから、国はようやく原発から三十キロ離れた地点の積算放射線量データを出した。すべての情報を知らせることが、パニックを防ぐ一番の力になるのだが。
 危険な原発が、なぜこれまで推進されてきたのか。小出助教は原子力利権に群がる産官学の“原子力村”の存在を指摘する。「これまで電力会社からみて、原発は造れば造るほどもうかる装置だった。経費を電気料金に上乗せでき、かつ市場がほぼ独占状態だったからだ。さらに大手電機メーカー、土建業者なども原発建設に群がった」
 大学の研究者らがこれにお墨付きを与えた。
「研究ポストと研究資金ほしさからだ。原子力分野の研究にはお金がいる。自分の専門と社会との関わりについて考えられない学者が多い」
 小出助教は学生時代、なぜ都会に原発を造らないのか疑問に思い、女川の原発反対闘争に触れ、推進派の立場を変えた。
 京大の助手として採用されてから三十年以上たつ。しかし今中助教とともに准教授にさえ昇進していない。
 「私たちに共感してくれる若手研究者も何人かいたが、一緒にやろうとは誘えなかった。ぼくらの仲間に入ると、研究者として安穏とは暮らせなくなる。でも今は後悔している。私と今中さんがいなくなったら、原子力に異を唱える研究者はもう出てこないのでは」
 カネと同時に「原発推進は国の方針」という力も大きかった。だが、日本は唯一の被爆国で核アレルギーも強い。なぜ、推進されるのか。
 「核兵器を持つというより、その製造能力を維持するため、としか考えられない。原発を推進すれば、その技術と材料であるプルトニウムが手に入るのだから」
 今回の事故の教訓については、原発を即刻止めるべきだと強調する。
 「今回の事故は進行中で、どれだけ被害が広がるかは分からない。原発が生み出した電気の利益を全部投げ出しても足りないだろう。原発とはそういうばかげた物だ」


本当に難しい事ですが、自分や子供達を守るため、他人任せではダメだと思います.
いろいろ情報をあつめて、勉強して欲しい.
知識がつけば、色んな事がわかるようになります。
私も劣化気味の脳みそをフル活動させてます。
[PR]
by venus28 | 2011-04-15 22:31 | Comments(0)