大きすぎるのが難点

オーストラリア人が求めるおうちの大きさとかスタイルとか、昨今大きく変わりだし、昔は1000坪とかの広いお家が多かったのに、今では3等分したりして切り売りされたりしています.
もう大きな土地に住むのは流行らない時代なのだ。
忙しい現代人にはそぐわないんだよね.掃除大変だし、メインテナンスにお金がかかるし....

知人も折角自分でデザインしたおうちを建てたのに、大きすぎるって売りに出している.

ちょっと用事があっておうちにお邪魔したら、凄い格好良くってびっくりした。

確かにひろいよ、おおきいよ、でも自分でドリームハウスを建てたのに、移ろうという気分になる所が根無し草の外人らしい。私だったら固執するなぁ。だって愛着あるもんね.

b0124458_21205094.jpg


うちの中からプールがみえるの。
プールはさんで、キッチンダイニングセクションと寝室や書斎ウイングと分かれているデザインも素敵。敷地いっぱいに建物が建っているので、庭はエンターテイメント用でうちの息子ちゃんがサッカーしたりするスペースがないのが残念。
おうちって大きければいいってもんじゃないのよね。子供はいつか巣立っていってしまうし、やはりプラティカルでないと....
でも外人は引っ越しよくするんで、其のときはまた、ダウンサイズのイエに移ったりするんです.
私みたいに、一所にずっといたいと思わないんだよね.(私も日本人にしてはよく引っ越している方ですが)

それにしても、いろんな悩みがあるんだね。私も言ってみたい贅沢な悩み。

ランキングに参加しています。 声援のボチッをよろしく!
ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking
[PR]
by venus28 | 2010-10-27 21:32 | インテリア
<< メラミンのお皿 インフィニティプール2 >>