目撃談と読書の春

ここ数日、某俳優さんの目撃談をネット上でみつけ、興奮して夜寝れませんでした(苦笑)

8年も東京に住んでいたので、芸能人にお会いするのは珍しい事ではないのですが、本当にお会いしたい人にはなかなか会えない物なのだと(最も当時は誰にも興味がなかったんですが)、縁のなさにへこみました.さらに海をこえた外国に住んでいる自分の境遇を嘆きましたよ(おおげさ)

目撃談で私が興奮した事は、ファンに対する接し方や佇まいでその方のひととなりがみえてきて、嬉しかった事です.
前にも少し書いたのですが、私 奢り昂る人が嫌いなんです.能ある鷹は爪を隠すといいますが、本当に偉い人は、腰が低いと思っています。でもこんな事言っている私にも、自尊心や自意識やうぬぼれはあるので、まだまだ人間修行が足らないんですけどね.反省の意味を込めて....

さて読書です。パースは春なので、読書の春といったところでしょうか。
最近時間に余裕があるせいか、アマゾンで本をちょこちょこ手に入れています.
前に書いた生きるコント2も読みました.
面白さは1よりは劣るけど、仕事を楽しそうにされている人が私は好きなんで、読んでいて嬉しくなってきます。本当にいつかお会いしてお話ししてみたいなぁ。思っていれば願いはいつか叶う?かも。

セイジ 辻内智貴著 映画化されるそうでこんな事は珍しいんですが、映像化の前に原作を読んでみました.映画化が楽しみ。もう一つの竜二もとっても好きな作品です.


b0124458_11154339.jpg



穴 山本亜紀子
ホラー小説ですが、コチラは映画をみてから作品を読みました.
映画の題名は真木栗の穴。監督は深川栄洋さん。この監督さん、とってもお若いのに凄い世界観をお持ち。映像、音楽、美術と色んな観点からも楽しめておすすめの作品です.

ほかならぬ人へ 白石一文
マイラバのアッコチャンのブログに載っていて、読みたくなった作品.早速メールで買ったよ!報告と私から生きるコントを勧めたらアッコチャンも手に入れたよ!とメールくれました。
どうしても本を選ぶ時、偏り気味になる私は、こうして友達のおすすめを読んでみるのは、いいことだわ。なによりもこの本の題名に惹かれました.本の題名ッて大切ですよね.

そして、映画化された悪人 吉田修一著
実はよみかけ。吉田さんの作品はテレビドラマ化された春、バーニーズでがはじめて。
これから読んでみたい作家さんのひとり。

ほか、同時4冊くらい読みかけあり。

以上、読書記録でした.




ランキングに参加しています。 声援のボチッをよろしく!
ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking
[PR]
by venus28 | 2010-11-23 11:56 |
<< 悪人 レビュー minimalism >>